2009年02月07日

受賞作1

あぁ、はぁ・・・な、がす こんろです。

とりあえず、今日は、
ファミ通文庫の第10回えんため大賞羽州賞受賞作の作品が
あまりに個人的ヒット作だったので感想書こうかな、と。

受賞作は2作品ありますが、僕が感想書くのは
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」の方です。

正統派学園ラブコメがストライクゾーンど真ん中な僕としては、
久しぶりの個人的大ヒット作ですね。

まぁ、きっかけが突拍子もないはじまりかたでしたが、
波状攻撃のように次々とシナリオが進行し
安心させない展開はかなり良かったと思います。

キャラも主観的にはなかなか好みでしたよ。
・・・まぁ、なんだかキャラの設定だけはどこぞで
みたような気がしてならないんですが(笑)

ファミ通文庫のHPのコメントにもありましたが、
「ギャルゲヱの世界『に』ようこそ」ではなく、
「ギャルゲヱの世界『よ』ようこそ」なのが読むと
なるほど、と理解できてしまいますね。

最初の方は主人公が全てを知り尽くしてるので、
一歩引いたような視点から見ていてあまり面白みを感じませんが、
シナリオがゲームではなく現実に添って動き始めたあたりからは
いい感じでした。

主人公がいろいろ言ってましたが
シナリオ準拠で全キャラのルートが強制同時進行なのは、
実際の時間軸では同じ時期に話が進行しているはずなので、
自然と全ルート攻略することになるわけで。

一番最後の締めが少々強引な感はありましたが、
「基本一冊完結仕様の応募作」と
「人気があれば続きをかく出版板」の狭間の調整だったんだろうな、
と個人的には思っています。
このまま続刊がでて、伏線が回収されれば問題なしだと思っています。

実は、正統派学園ラブコメが好きな割には
単なるベタ甘展開を延々と読み続けるのは
結構苦手で前半戦は結構読むのに体力使いました(笑)

二人の友達の感想が結構ズレていまして、
一人はハマった(ツボった)らしいですが、
もう一人は「王道の展開」「主人公が基本的に現実逃避的な思考」
といまいちだったらしい。

僕は前者な訳ですが、個人的には
「2次元にどれぐらい浸かっているか」
「どれぐらいギャルゲをしているか」というあたりで、
大きく感想がふたつに割れるんだろうな、と見てます。

ちなみに、読んだ後、
「自分がギャルゲの世界に行けるとしたら」と、真剣に考えてみましたが
(中二病もいいところですね(笑))
「僕じゃ主人公になれないだろうし、
というか、ヒロイン全員と仲を進める甲斐性も度胸もないし
それはこっちからお断りかなぁ」という結論に至りました。
(だからいつも二次元に走ることになるわけですが(笑))

「じゃぁ、どのポジション?」と思うと
やっぱり「主人公の親友的ポジションか」ということに。
主人公に「悪友」とか「腐れ縁」とか「情報屋」とか言われるような、
あのポジション(いわゆるネタキャラになりやすい立ち位置)で
いいかな、と。
遠巻きに眺められていればそれはそれで幸せかな、と。


なんだか最後は見苦しい妄想的なものになりましたが、
よい作品なのは間違いないと個人的には思います。



・・・1があるので2もやりますよ?


それでは。
posted by がす こんろ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ラノベ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しばらくぶりにPCで見たらプロフにBMGがw
Posted by かいざぁ at 2009年02月12日 09:44
コメントありがとうございます。

えぇ、BMGですよ。2月限定ですけど。
今月の画像にコレを選択したのは
「バレンタインだから」というイミフな理由w
Posted by がす こんろ at 2009年02月15日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。