2009年04月03日

2009年開幕戦

今年も始まったどーな、がす こんろです。

久しぶりに、具体的には去年の開幕3連戦以来の試合の詳細。


中日−横浜(第1回戦)   ナゴヤドーム   18:09試合開始
横 浜 0 0 1 0 0 0 0 0 0 ‖ 1
中 日 0 1 0 2 0 1 0 0 X ‖ 4

[投手] 投手名(投球回数)
【横】●三浦(7)−真田(1)
【中】○浅尾(8)−S岩瀬(1)

勝利投手:浅尾 1勝  敗戦投手:三浦 1敗   セーブ:岩瀬 1S

[ホームラン] 回 選手名 〈本数・塁〉〔投手〕
【横】(なし)
【中】2回 ブランコ〈1号・ソロ〉〔三浦〕
   4回 森野 〈1号・ソロ〉 〔三浦〕
   4回 和田 〈1号・ソロ〉 〔三浦〕
   7回 和田 〈2号・ソロ〉 〔三浦〕

先発は
中日は今期セットアッパーから華麗に転身した浅尾。
横浜はハマの番長にして開幕戦6連敗中の三浦。

浅尾は初回、コントロールを乱してドタバタしながらの三者凡退。
一方の三浦は落ち着いたピッチングを展開しての三者凡退。
好対照で試合開始。

前半はブランコの失策などもあり、ドタバタでしたが、
それでも浅尾は8回の投げて101球5安打無四死球で自責点0。

打っては
12球団再安価の年俸の4番・ブランコが
公式戦初打席初アーチを放ったのが2回。

さらには4回には
3番・森野と5番・和田がそろって柵越え。

6回には和田が2打席連続と中軸の一発攻勢。

一方オープン戦好調でルーキー・野本と定位置争いを演じた藤井は
ヒットなしに終わってしまいました。


今年は大幅入れ替えで若返りとなった中日。
目下の心配は先発投手陣。
筆頭の朝倉と中田がいまいちピリっとせず、
若手も昨年までの活躍がオープン戦で見られず、ということで。

控え投手に清水と斎藤という若手が入っていましたが、
セットアッパー最有力候補の鈴木がいなかったり
ここ数年、中継ぎ左腕の座を四つ巴で争ってきた背番号60番台の4人、
高橋、久本、長峰、小林の4人の中で
開幕1軍となったのは高橋1人だったりちょっと意外でしたかね。

内野手はデラロサではなく谷が開幕1軍に。
僕はてっきりデラロサだと思っていたのですが。

その問題と絡んでくる外国人枠ですが、予想どおり李が脱落。
そしてネルソンとパヤノが残ったことで先述の通りに。

ついでに今年は英智が1軍にいませんね。
俊足強肩の外野手とては
今年は野本というライバルも加わりましたしね(^^;
僕は彼に頑張って欲しいのですが。岐阜出身ですし、
お立ち台のトークも聞きたいですし。
平田、藤井、野本、英智、小池と強肩外野手争いは熾烈です。


とりあえず、いろいろあるけど今年も頑張れドラゴンズ!
posted by がす こんろ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。