2009年05月21日

河合

今週は休日出勤だよ〜な、がす こんろです。

今日は、昼から河合塾の講師をお迎えして、進路講演会でした。

正直、そう厚みのある内容ではかったかなぁ、と
僕は思ったんですが、2点ほどギクっとすることが。

一点目は「じっくり考えて解く」「効率よく解く」と言う話。

僕はどちらかというと前者でして。
数学なんかも途中式書いて、説明書いて、ついつい時間を忘れて、
ああでもない、こうでもないと時間を掛けて解きたくなるんですがよ、
というか、それが数学のおもしろさだと思いますし。

しかしながら、受験前には損なコトしている余裕がないわけで、
「分からないなら分からない」で次次解くようなことも必要ですよ、と。

まぁ、僕も最近は意識してそういう風にするようにしていたとはいえ、
まだまだ「じっくり解きたい」と思うことも多いですし。


もう一つは「『覚える』ことの重要性」という話。
10年前と比べて今の高校生は考える力が伸びたが、
「覚える」ことをバカにしている、と。
なんという自分のことかと。

その場で考えれば導き出せるから公式や反応式の丸暗記なんて
愚直なことはしないし、必要ない、というのが持論なので。
だから、僕は三角関数については加法定理しか覚えてませんし、
化学反応式も反応物と主生成物だけを覚えて
係数や副生成物は覚えないです。

要するに「丸暗記なんて勉強できないヤツのする愚かなもの」
「考えることが将軍に値するなら、丸暗記は穢多、非人」
なんて考え方の人間ですからね。

まぁ、英単語や古文単語のように覚えるより他無いことが
あることも事実ですがorz

あうぅぅ。
この世から暗記科目なんてなくなればいい(ぁ


それでは。
posted by がす こんろ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。