2009年06月21日

最終戦

あぁ〜週末なのにラノベ読むヒマがねぇ〜な、がす こんろです。

今日で交流戦も最終戦ということで、ドラゴンズの話を
久しぶりに野球の記事を書いてやろうかと思います。

とりあえず、5年目にして過去最高の成績を上げたわけですが、
一番大きかったのは中日らしさが戻ってきたことでしょうね。

投打が噛み合わなかったり、ポロポロミスがあったりしたのですが、
中盤戦からはらしい戦いができていたと思います。

先発陣の立役者は何と言っても
サンデー川井こと川井投手と、吉見投手の2人でしょう。
二人とも投げた試合は交流戦負け無しのはず。
吉見投手は朝倉投手を出し抜いてほとんどエースと呼ぶに
遜色ない活躍を魅せてくれましたね。

中継ぎはやはり先発から転向した浅尾投手冥利に尽きるでしょう。

野手陣はやはりブランコと井端でしょう。
こちらも6月の月間MVPも間違いなしという活躍をみせてくれました。
まぁ、交流戦の打者成績はドラゴンズの選手3人で三冠達成ですし。

あとは、調子の落ちていた森野が復活し、
スロースターターの1,2番コンビも本格稼働、
さらには平田、英智、小池、野本、藤井、井上と熾烈な中堅、右翼争いも白熱し、
全体として打撃が良くなったことも大きいでしょうね。

さてさてこれからは3位争いを賭けて広島と、
さらになかなか落ちてこないヤクルト、巨人を打ち落とすために
という話になるわけですが、
おそらく先発には浅尾は戻らないだろうなぁ、と。

吉見、朝倉、山井、川井、小笠原の5人は確定でしょう。
残る1枠には
チェン、山本昌、中田の誰かがおそらく入るのでしょうが、
今のところはチェンが濃厚でしょうね。

中継ぎの方は浅尾、高橋が事実上のセットアッパー、
小林、河原、平井が準セットアッパーという感じですね。

あとは、前半戦活躍してくれた清水、斎藤、
ここ2年ほど1軍へ上がってきませんが当初期待されていた鈴木、
去年、一昨年と、高橋、小林とともに左の中継ぎ争いをしていた久本
復活のかかる長峰、中里など
誰が活躍してくれるか楽しみですね。

野手はことしはどこまでいってもブランコと中堅・右翼手争いでしょうね。
序盤、藤井・野本で始まり現在は藤井・平田という感じになっていますが、
ここからどう動いてくるでしょうかね。

さてさて楽しみの多いドラゴンズ。


今年は何処まで追い上げをみせてくれるかな。


それでは。
posted by がす こんろ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121973486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。