2009年10月13日

'09秋期T

お久しぶりです...な、がす こんろです。

なんだかブログ更新のペースが一向に戻りませんorz

今日は今期スタートのアニメの第1話の感想を書きたいと思います。

<月曜日>
○FAIRY TAIL
 最初は全く見るつもりはなかったのですが、
 新聞を眺めてて平野綾さんが出ることに気づいて、
 たったそれだけの理由で見ることにした今期唯一の
 ゴールデンタイム作品。そしてキャストがどうみても
 ゴールデンのメンバーだとは思えない(^^;
 ですが、普通に面白い。ハッピーとルーシィの掛け合いとか
 普通に笑ってました。これは名作の予感(笑)
 アニメファン的にも平野綾ファン的にも楽しめました。
 次回予告で平野さんの演技力が爆発してて吹いたw
 
○聖剣の刀鍛冶
 読み方は「せいけんのブラックスミス」ですね。
 小説が非常に人気があることは知っていたのですが。
 基本ファンタジー読まないので、これも読んでなかったのですが、
 アニメ見る限りでは人気の程が伺える作品だと思います。
 西洋の世界に"聖剣"として東洋の"刀"を用いるという発想や、
 魔法に騎士に人外生物に悪魔契約とこれぞファンタジーを言わせる
 鉄板の設定など魅力を感じる部分は多いです。
 まだまだ何も見えてこないので何とも言えませんが、
 非常に面白そうです。

<火曜日>
○アスラクライン2
 ぶっちゃけangelaの歌うOPとEDが一番の楽しみなこの作品。
 アニメ版だと結構頑張って見ないと、結構設定とかが細かいので
 苦労するのですが、それでも見ます。2期になってようやく
 物語の核心に触れる話が出てきて面白くなりそうですし。
 細かい設定が多いというのもあってコレは多分小説の方が
 楽しめる気がしてなりませんが、そんな余裕もないので、
 やっぱりアニメを全力で楽しみます。

○真・恋姫†無双
 きましたよ〜。今期開始の第2期作品群のなかでは期待度は
 最高レベルの作品。何故かいきなり馬超と張飛の話。
 関羽の話ではなく。なんでだろうと思ってみていると
 あぁ、結局ラストの自己紹介の為の伏線だったのか、と。
 というか、1話の目的それかよ、みたいな。
 真名で呼べない馬超とその様子に勘違い爆発な面々ということで
 いつもどおりの雰囲気ではありましたね。
 ただ、真名を呼べるようになる展開がお約束なのはいいですが、
 ややムリヤリだった感が。あとは趙雲のボケに
 磨きがかかってるなぁ〜と。とりあえず期待大。

<水曜日>
○夏のあらし! 春夏冬中
 常套のネタではありますが、「春夏冬」で「あきない=商い」と
 読みます。シャレですね。
 今回はいきなり海のお話であらしさんに潤が女だってバレる話。
 そして、山城さん含めさりげなく全キャラ登場。
 前回はコメディ色が強かったですが、
 今回はどうやらラブのほうの話も進展するようで。
 またちょっと違った雰囲気を楽しめそうで、期待してます。

○そらのおとしもの
 第2期ではない新作としては、結構楽しみにしていたのですが。
 ・・・主人公のアホっぷりにあやうく撃沈するところでした(笑)
 あのやたらと腹黒い五月田根生徒会長と守形部長の
 濃ゆいキャラはすごく好きです。しかしこんなにアホで
 明るくて間の抜けた感じなのに、どこかで180°転換して、
 重たい話になりそうな気がして仕方ないのは僕だけでしょうか(^^;

○とある科学の超電磁砲
 なんでアニメ化しちゃったんだろうなぁ・・・って感じです。
 わざわざスピンオフ作品を。禁書目録の時はサブキャラで
 出番がそう多くなかったこともあり、なんだか美琴と黒子は
 キャラにいっそうデフォルトがかかってる感がありますね。
 多分こっちが素なんだろうけど。
 こういう賑やかしい作品は嫌いでないどころか
 寧ろ好きなので楽しみにしています。
 あとは、禁書目録の時のような異常に中途半端な最終回に
 ならないことを祈っています(笑)

○WHITE WLBUM
 うわ〜。何事もなかったかのように半年のブランクあけて
 そのまま始まっちゃったよ(^^;
 そんなんだったら2期続けてやれっての。話題作だったんだし。
 出来はよかったわけだし。
 相変わらずストーリーはあまり好きにはなれませんが。
 ブランクあいてたせいで何が何だかいまいち記憶が付いてこない(^^;
 人の絡み方が複雑すぎて1期からずっとの話ですが。
 なにやらいろいろと変化があったことだけは
 分かったけれども・・・って感じです(苦笑)

○ささめきこと
 結構ガチに百合作品。それだけでもないのですが。
 ただ作風としては、マリアさまが見てるに誓いですかね。
 アレは僕、途中で見るのやめちゃったのですが。
 主人公の純夏の声優さんがいい意味で高垣さんとは思えないなぁ(^^;
 Fhantomのアイン役が高垣さんってのも驚きましたが
 演技の幅広いなぁ・・・
 しかし、1話の雰囲気からして重い。
 ラストはいい感じでしたが重い。これ、最後まで見ていられるかな(汗

○11eyes
 最初の5分ちょっとの明るい雰囲気が嘘のような展開が(^^;
 日常パートと赤い夜パートの落差が激しすぎるな、この作品。
 それにしてもゆかの持っていたペン蔵さんは吹いたw
 個人的にメッチャツボでした。
 主人公の眼に秘密があるのは明らかなのですが、
 まだキャラが顔見せ程度なので、なんとも言いようがないですね(^^;
 とりあえず、後藤麻衣さんのボイスは相変わらず萌えることは
 分かった(笑)

<木曜日>
○けんぷファー
 聖剣の刀鍛冶に続くMF文庫の作品原作の作品で著者は築地俊彦さん。
 築地さんの作品はハヤテのごとくの小説版と
 ポリフォニカの青の短編1本読みましたが、
 いまいちで敬遠してたんですが、これはガチで面白い。
 小説が10冊ほど出ているのですが、全部買い揃えてもいいと
 思ったくらいには面白い。
 そして、意味不明なまでに声優陣が豪華で声優ネタが満載。
 普通に吹いた。それにしても主役のナツル役の井上満里奈さんの
 声の切り替えは相変わらずすごいな。
 こういう元気娘の役は井上さんがホントにはまりどころだからなぁ。
 それにしても一番驚いたのが以前のしずかちゃんの声優が
 登場してることか(^^;

○あにゃまる探偵 キルミンずぅ+
 あの、カードキャプターさくらで木之本桜役を演じていた
 丹下桜さんが声優業復活を果たした作品と言うことで、
 ぶっちゃけそれだけの理由で見ます(ぉぃ
 SOUL EATERのように夕方放送枠と深夜枠同時ですが、
 深夜枠の方だけで追いかけていく予定です。
 内容は、本来は少女向け作品なのでいわずもがなということで。
 (決して悪いというわけではない)

<金曜日>
○生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録
 感想はすでにアップ済です。こちらを参照してくださいな。

<ネット>
○乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつあ♪
 生徒会と並ぶ今期最大の期待作。いきなり
 ノクターン女学院ラクロス部から始まるのでちょっと焦った(^^;
 久しぶりにお嬢様な能登さんの声が聞けますね〜。
 それにしても本人役含めて事実上1人3役とか
 能登さん1話から頑張ってますね。温泉での椎名との
 イベントの一部と温泉卓球がカットされてたのが残念でしたが。
 あとは、能登さんと乃木坂さんの握手シーンも
 ちょっと期待したんだけどな(笑)
 そしてなんか、ノリとかいろいろなものに
 拍車がかかっている感がありありです(笑)
 季節を冬から秋に移動して7巻の内容を走ってやったので
 おそらく最終回は年末パーティか那波さん騒動の話かな?


東海地区はご覧のように水曜日の放送被り具合が異常。
ここにはまだ感想あげてませんが、
KIDDY GiRL-ANDとにゃんこい!も見まする。

主題歌情報とタイムテーブルはこの2作品の1話の放送が
終わってからアップしたいと思います。


それでは。
posted by がす こんろ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。