2009年12月15日

報告

いやぁ、ホントに椎菜は不憫だ(^^;、な、がす こんろです。
(乃木坂春香の秘密の11巻読みながら)

さて、1日遅れてしまいましたが、推薦入試の結果を報告したいと思います。

実は本番、小論文で、濃度や分子量の求め方に言及した時に
ファンドホッフの法則」で分子量求めるのに必要なのが、「質量モル濃度」
凝固点降下沸点上昇」で分子量求めるのに必要なのが、「モル濃度」と
間違えたり、
口頭試問で「アミド結合、タンパク質内ではペプチド結合で」と言ったあと、
「アミド結合を含む有機化合物の一般名称」が言えなくて、
もう一回「特にペプチド結合を含む場合はタンパク質です」と
お茶を濁したりしてたので、

純粋に知識だけを問われると結構アブナイ状況にあったわけですが、


無事に合格しました。

いやぁ、ちょっとヒヤヒヤでしたが、無事合格できて何よりです。

面接も小論文も過去問とちょっと今年は傾向が違っていたり、
受験者数の綾なんかもあって上手くいけば受かるかなぁ〜なんて
思っていたのですが、その通りになってホッとしました。


先日話したとおり、今年は教育学部理科(化学)は人気で、
第一希望だった大学のセンターボーダーが引き上がって、
ちょっと笑えない状況になってたので、ホントよかったです。

昨日は、いとこやらおばさんやらもお祝いに来てくれたりで
嬉しい限りです。


まぁ、それでもセンター試験は実力試しを兼ねて、受験しますし、
高校の方から課題も出ているので、
それはやらなきゃいけないんですが。

しかし、まぁ高校に入学する時も特色化選抜で合格してますし、
高校入試、大学入試ともにフライングで合格が決まった上に、
受験の風物詩である「学内掲示による合格発表」を一度も
経験しないままになってしまいましたね(苦笑)

そういえば、そんな頃の記事を読んでいて
緊張するのは「試験前夜、試験直前、合格発表の瞬間」の3回で十分、
勉強と試験に一生懸命になってればいいし、試験が終われば祈っても
結果は変わらないんだし、という記述を見つけて、
一昨日書いた記事と同じだなぁ、変わってないなぁ、俺。と想いながら
見ていました。


それでは。
posted by がす こんろ at 20:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです
合格おめでとうございます!
これでお互い合格が決まりましたね。

とはいえセンターも受けるんですね
こっちは課題でいっぱいいっぱいです

では
Posted by LAST中華 at 2009年12月16日 22:59
お祝いありがとうございます。

えぇ、お互い合格が決まって何よりです。
課題とセンターに向けての勉強と、
しばらくは二足のわらじですが、
頑張りたいと思います。
Posted by がす こんろ at 2009年12月18日 02:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135719044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。