2010年02月27日

立浪和義引退試合

未だに「パパ聞け!」の2巻を買っていないがす こんろです。

タイミングとかそのへんの問題で買いに行く余裕がありません。
たぶん、明日あたり岐阜市内の書店をはしごして探してきます。


今日は、叔父さんに連れて行ってもらってナゴヤドームへ。
新聞見て、我慢できず「チケットとって〜」とお願いし、
本当にチケットが取れてしまった立浪和義選手の引退試合を観戦です。

三塁側とはいえ、内野A席(紺色のシートの席)で、です。
ちょうど三塁ベースの真後ろくらいという好位置。

普段は、バックネット裏の5階席(黄色いシートの席)が多いので
かなり嬉しかったですし、ひと味違った楽しみがありました。

気を利かせてか、ロッテはレギュラーメンバーで登場。
中日もD1番・DH立浪だったこともあり打順は若干違ってはいましたが、
おそらく今年のレギュラーになるであろう面子でした。

立浪は最初の1打席だけで退いてしまいましたが、
これが最後だと思うと感慨深いものはありましたね。

昨年のナゴヤドーム最終戦で大々的なセレモニーをやっているので、
今回は簡単な物でしたが、それでも生の立浪選手の挨拶を聞けた、
というのはかなりの思い出です。


一方、試合は変な方向に見所のある試合でした。

先発・山井の里崎への頭部死球による一発退場とか、
2番手・清水昭のボークでロッテに1点とか、
3番手・小笠原が竹原と南の二人に死球とか、
ロッテの送りバント失敗→併殺崩れとか、
なんか、「あんまり生で見れないシーンだけど
生で見れてもあまり嬉しくないシーン」が多かったです(苦笑)

ちなみに、山井と成瀬の先発でしたが、
ふたりとも前半の出来はいまいちでしたかね〜

あとは2番手で投げた清水昭はまだオープン戦序盤ですが、
ブルペン争いから一歩後退という感はいがめないですかね。
良かったのは小笠原のピッチング。慌ただしい流れを断ち切って、
最終結果も
4回を投げて打者16人で被安打2、死球2、自責・失点0の成績。
死球2つが勿体なかったとはいえいいできだったのではないかと。
そのあとの平井、小林、金剛もいいピッチングでしたね。

打者の方はうぅ〜ん、という感じ。
10安打散発だったというのもありますが、チャンスで打って
アピールしたなぁ、という印象のある選手はいないですね・・・

福田がエンドランを成功させたのと、松井佑のバットの振りが
やる気があって良かったな、という感じですかね。

外野手(中、右)と、ブルペン、2番手捕手、代打要員のあたりは、
結構ことしも競争が激しそうなので、誰が開幕一軍になるか、
楽しみなところではありますね。


それでは。
posted by がす こんろ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。