2010年03月14日

贅沢な悩み

ホントもうしわけないです、な、がす こんろです。

ずっと更新停滞してて謝るしかありません。
もはや最近はちょっちゅうだったのでまたか、
くらいに思われていたかもしれませんが。

2月にラノベの感想ばかり書いていて
ちょっと合間をぬって書きましたが、「ヒマ」で仕方がないと。

ですが、3月に入ってちょっといろいろ考えていたわけですよ。
このままでいいのかな、と。やるべきこともやりたいこともたくさんある。
でも、やろうという気にはなれない。気づくとPCの前に座って
理由もないのにネットサーフィンして時間が過ぎてしまう。
そもそも起きるのが10時とか11時とか。
あなた、4月から独り暮らしでしょ?と。

そもそも事の発端は「12月に推薦入試で"受かってしまった"」こと。
こんな書き方をするのは、受験で落ちたライバルや
今なお、後期試験の結果を恐々と待っている友人たちに
失礼極まりないこと承知の上でこのような書き方をしています。

大学からの課題もなく、文字通りフリーダムです。
まだ、授業があった期間は学校へ行っていたので
そんなヒマも感じることはありませんでした。

ですが、1日自由に使えるとなった途端、
時間を持て余すようになってしまいました。

なかなか目標も無いまま何かを続けるというのはできないもので、
「先生になりたい」という『夢』こそあれど、
「こうしたい」という『目標』が無いということもあって、
今まで続けてきた勉強もしよう、という気になれません。

とりあえず、2月のウチはアニメやラノベを消費したいと
思っていたので、それを実行していたわけですが、
卒業式も終わってしまうと
いよいよどうしていいか分からなくなり・・・って事です。

こんなことなら後期試験まで受験勉強で缶詰でも
よかったかな、と思うくらいです。

まぁ、でも推薦で合格した第一志望の大学には
いくら勉強していなかったとはいえセンターの成績鑑みると
絶対に一般じゃ出願できなかっただろうから文句は言えません。

正直、自分でも思うんですが贅沢な悩みですよね。
みんなが必死に勉強してる横で「暇すぎて精神不安定」なんて。

どうやら、高校に特色化選抜入試で受かったあとでも
同じ様なことになってたらしく当時の僕がこう書いてます。

まぁ、でも昨日のコンサートのおかげでふっきれました。
非常に心に響きました。

とりあえず、「前を向いて頑張るしかないんだ」ということ。
悩んで立ち止まっていて解決するのであれば誰しもがそうします。
行動を起こさないと変わりません。

だから、とりあえずやりたいことをやります。
やろうと思ったときにやります。何をしていいか解らないけど、
趣味の時間に費やしているだけでいいのかとも思うけど、
とりあえずうごくしかないと思います、
やるべきこともやりますけどね、もちろん。

自分でも高校入ってから自覚するようになったんですが、僕はどうやら
「人のためになら喜んで自分の時間をどれだけでも割ける」一方で
「趣味以外の自分のこと、自分のためにかける時間は最小限」という
アニメや漫画のキャラもかくやというお人好しとか偽善者みたいな人らしい。
もちろん人のため、という時にはたいがい何か役が振られていて、
重役についている責任からくるものもあるんだと思うし、
そういう人だからこそそういう役が回ってくるのかも知れませんが。

でも、ちょっと考えるとそんな自分だからこそこれだけ時間があるときに
「自分のため」になにかやってみようと思わない、思えないという
深層心理が今回の悩みの一端だったのかもしれないな、と思ってしまいます。

僕は悩みを人に言わないので結構ウチにため込んでしまちがいで、
全部自分の中で完結したあとで思い出話としてしか人に語らないんですが
やっぱりこうやって書くとより楽になりますね。
時々思うのですがこういうことこそ「言霊の力」なのかな、と。

書いていると言葉は尽きませんが、最後に。
ふと思い返すと、これだけ真剣に悩んだのは
中学3年の前期に生徒会長の仕事をしていてホントに自分の周りにいた
極々一部の親友以外は全校が自分の敵のような気がして、
役員たちやクラスメイトが全然協力してくれなくて
上手くいかなかった時以来じゃないかなぁ、と。

小さな悩みやもめ事で困ったことはそのあと何度かありましたが、
やっぱり久しぶりじゃないかなあ、こんなに必死に悩んだのは。
進路でも色恋でも全くと言っていい程悩まなかったしなぁ。
(色恋に関しては生まれてこの方音沙汰梨ですが(苦笑))

ま、悩んでまたちょっと成長できたと思っておきます。
身に起きること全てを糧に前へ。


それでは。
posted by がす こんろ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143748370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。