2010年05月13日

天空の難破船

1年ぶりの映画館〜な、がす こんろです。

昨日から大学は大学祭です。
昨日、今日、明日はスポーツ祭なんですが、
特に出場登録もしていないので、暇で暇で仕方在りません。

なので、昨日友人と相談して、映画を見に行くことにしました。
朝っぱらから(笑)
無論、それは平日午前1回目の上映が
割引されるサービスを利用するためですが。

見てきたのは「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」


詳しいプロフィールの一角にも書いてありますが、
映画館で見る映画は基本的に名探偵コナンだけなので、
多分、映画館へ行ったのも1年ぶり。

はっきり言います。妙なところが面白かったです。

推理モノという視点から見てしまうと
最初からかなり犯人が絞れていますし、
トリックも割と分かりやすいので、
そういう意味では微妙なんですが。

今回は殺人事件がまったく起きていませんし、
爆弾爆破が成功したのも冒頭の1回のみ。
小五郎のおっちゃんは終始爆睡で役立たずだし、
おぉ、とひっくり返る程の盛り上がりやトリックはなかったかなぁ。

あと、「飛沫感染で致死率80%のウィルスがばらまかれた」
ということになっている割にあまり死の恐怖が演出されてなかったですね・・・

ただ、今回は工藤新一、怪盗キッド役の山口勝平さんがフル稼動(笑)
度々出てくる「工藤新一」と「怪盗キッド」の顔が
とっても似てるという話を最大限利用して蘭の心をかき乱しております。
ここまでこのネタを使い込んだのははじめてじゃないかなぁ・・・と。

キッドは泥棒の時に度々コレを利用して新一になりすましているのですが。


障害物は多いけど比較的見通しがきき、音の反響しやすそうな
あの飛行船のバルーン内で犯人たちとやり合うのはかなり無謀。

それから、今回から小五郎役が神谷さんから小山さんに交代。
ですが、さすがは小山力也さん。まったく違和感なしでした。

実はコレと放送枠の変更もあってアニメ版を見なくなってたんですが、
もう一回見ようかなぁ、と思ってみたり。

前回は端役で水樹さんが出演してましたが、
今回は端役で「頼れる先輩Voic」な伊藤静さんが登場。
ご存じ「ハヤテのごとく!」のヒナギクさんや
「咲-Saki-」の竹井久部長を演じてましたね。

和葉のような感じの茶髪ポニテの若いアテンダント役だったんですが、
その容貌で伊藤さんの「頼れる先輩Voic」というのに「煙草を吸う」
というシーンが在りまして、友達と二人ショックを受けてました。

あとは、大橋のぞみちゃんが何故か小学生の男の子役で登場。
妙に頭のキレたインテリみたいな喋り方とマセた感じで、
ちょっと存在が浮いてました。

もう1人、キーパーソンのキャラが風貌の割に声が低くて
合ってなかったんですが、こちらは物語終盤に理由が発覚。

僕にしては珍しく、作画が1ヵ所気になったところがありまして、
蘭の腕が妙に長いし曲がり方に違和感を覚えるカットが。


あんまり感想らしい感想書いてないですがこのあたりで。

それでは。
posted by がす こんろ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149842051
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。