2010年07月02日

物語U

なんでこんなに精神的余裕がないんだろ・・・な、がす こんろです。

今日は家庭科研究の授業があったんですが。

・・・なんか小説(物語)かかされました。家庭科なんだけど。

テーマは「食について子どもたちに伝えたいこと」
つまり、食について何かしらのメッセージを
込めたショートショートを書けと。

先生曰く
「理科の学生さんだけど普段の授業で提出してもらってるプリントとか
先日の中間テストとか見させてもらうと文章がきちんと書けていらっしゃる方が非常に多い。国語科の生徒さんに匹敵するくらいの方も何人かいらっしゃいます。」とのこと。

で、本来の予定からはちょっとズラして
小説書いてみようとなったらしいです。

・・・まさか2週間続けて
授業で小説書かされるとは思いませんでしたよ(苦笑)


先生にあぁ評された割には
やっぱり嫌がってる人も居たみたいですね。

先週から言われていたのでネタは練ってあったんですが、
どうしてもオチが思いつかないので、
今日は1時間目と2時間目の授業中に講義半分聞き流しながら、
改めて1から案を練り直してました(^^;

家庭科の授業が昼からでホント良かったです。

まず、どんなメッセージを込めるかから再検討。
これはいろいろ考えましたが当初の予定通り
やっぱり「飽食」とか「食の格差」とかそういう話がいいな、と。
で、そしたらどんな題材で書くか。

メッセージそのまんまをど真ん中ストレートで描く小説だと
味も面白みもあったモンじゃないので、なんか捻りたいなぁと。

で、授業中にふっと思いついたのが
「星を食す神々」という謎ワード。

どこにそんなヒラメキの引き出しがあったのか
僕にも謎なんですが思いついてしまったから仕方ない。

そっから一気に「黄道十二宮」「星霊」「人々の祈り」
「禁忌」「夜空から星が消える」と次々と瞬間連鎖の発想で
あっという間に構想が完成。

ちなみに、FAIRY TAILのルーシィさんあたりの影響を
多分に受けてますね(笑)

で、2時限目はPC使う情報系の授業だったので、
wikipediaで一等星の名前とか黄道十二宮の星座や呼び名とか、
ルーシィの使う星霊の名前とか調べて下地を作ってました。

で、本番。B4版一枚程度ということでしたが結構びっしり書きました。
キャラの名前をきちんと考えてあげたり
伏線考えたりしている余裕がなかったですし、
そもそも90分の時間制限&手書きのために結構焦ってたので、
小説としての出来は酷いもんでしたが
改稿の仕方次第で面白くなってくれるかなぁ、とか思えました。

まぁ、提出しちゃったんで返却されなければどうしようもないんですが。


それでは。
posted by がす こんろ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155432069
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。