2007年03月28日

呆れるね

TBSとか関テレとかの報道の情報ねつ造問題には、ことごとく呆れますね。

あるある大事典の方は、新たなねつ造が発覚。
これだけ、経済面、社会面に影響を及ぼしながら、
社長の進退は明らかにしないし、対応は謎めいてる部分があるし。

みのもんたの朝ズバッ!では、不二家事件に関して事実と異なる報道があったとか。

関連記事:livedoorニュース
1.関テレ 「あるある」捏造、新たに3件
2.「除名」でも社長辞任ない 関西テレビの不思議
3.不二家報道「一部正確欠く」=TBS「朝ズバッ!」

こういう、会社の不祥事のニュースを見て、
いつも思うのは、「そんなに自分たちの仕事が誇れないかなぁ」ということ。

卑怯な手を使ってまで利益をあげないと、ライバル企業に勝っていけない、
社員を養っていけない、そんなに自分の会社や仕事に自信がもてないのかと。
目先の利益を追求し、そんなに仕事に自信がないのなら、
重職を退くべきだろう、そもそも、引き受けるべきではないのだろうと。

逆に、その職を引き受けたのなら、最後まで責任もってやり抜けよと。
「俺が立て直してやる」ぐらいの気持ちで必死になれないのかと。

自己中心的な企業活動をするから、こういうことが起こるんですよ。
もっと「社会に貢献する」という意識で仕事ができないもとかと。

利益を上げないといけいないというのは事実ですし、なかなか難しいことだとは思いますが。


同時に、消費者である僕たちも何もかもを鵜呑みにしていてはいけないと思う。
情報源が限られている以上、それを信用せざるを得ないことも多いですけど、
ホイホイと信用していては、向こうの思うツボにはまることだってありますし、
そもそも流れてくるもの全てが真実であるとは限りませんし。



経済や社会のしくみって、こんな簡単なものじゃないのは、百も承知です。
ですが、その仕組みを作り上げ、回しているのは全て「人」なのですから、
やっぱり一番大切なのは「人の心」なのではないでしょうか?
と、僕は思うのです。
posted by がす こんろ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ、真面目な話ですか(何
商売人なんて所詮そんなものだと思いますよ。
ほとんどは金と名誉のことしか考えてないんじゃないですか?昔から。それにしても、ここ何年かでそういう問題の摘発が異常なほど多い気がするんですよ・・・「人の心」が企業からなくなりかけているのか、単にマスコミの過剰報道なのか。
Posted by β at 2007年03月29日 20:15
コメントありがとうございます。

えぇ、真面目な話ですよ。
何ですか、その普段不真面目な内容しか書いてないみたいな言い方は(実際そうだし

このニュースのカテゴリでは真面目に意見を書きますからねw

実際の商売人なんていうのは、お金だけでアタマがいっぱいなんでしょうね・・・
摘発件数が多いというのは、同感ですね。・・・哀しいことですね・・・・・・
Posted by がす こんろ at 2007年03月29日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。